gf01a201503260100.jpg

完璧な異性との出会いを実現したいという気持ちは、みなさん一緒です。しかしながら「出会いがない!」なんて不平を言っている人は、「素晴らしい出会い」という点ばかり考え過ぎ。結果は後からしかわかりません。
もしも恋愛相談をするのでしたら、「どんなことに悩んでいて」「そのことで悩み始めるようになった原因は何か?」「そのことに対してどうしたいと思っているのか?」、このようなことはまとめておくことが必須です。

料金0円の無料サイトの場合、出会い系初心者とか友人探しが狙いの人もたくさんいる関係で、本当に会うことを提案するとNGなんて方もいらっしゃいます。交際相手を探す気持ちが強いのなら、料金がかかっても有料のサイトを使ったパートナー探しをするべきです。

悩み相談をお願いする人は、公平に発言することが可能な人を選ぶべきです。他の方の意見ばかり参考にする人や、相談者の顔色ばかり伺っているタイプの人は、恋愛相談をする相手としては失格です。

恋愛におきましても、心理学を利用することで、常識的にはその人とは月とすっぽんほどの差がある誰もが振り返ってみるような素敵な女性を彼女にすることも実現できます。


恋愛するときに、ポイントになる男女の駆け引き。知らなきゃ損する恋愛テクニックを知っておけば、気になっている男性との距離も、すぐに縮めることも可能なと断言できます。

恋愛相談を依頼したのなら、助言をしっかりと受け止めることが重要です。きつい指摘をされたとか指摘されたくない点の指摘だからと、なんだかんだとせっかくいただいた意見や助言をほったらかしにするのはNGです。


恋愛についての相談をする人のキャパは違って当然です。なかなか伝えることができない場合もあるでしょう。そうした時は、絶対にさらに説明を行って、悩みの本質を把握してもらうことが大事になるのです。

いずれにしても、察知されずに済むかどうかが成否の分かれ道。いろんな恋愛テクニックを実行するというだけではなく、見透かされることがないよう注意を払う、「完璧な女優」をお手本にするのが、うまくいくためには不可欠です。

考えれば当然ですが、パターン化した生活であれば、素敵な人との新たな出会いなどないですよね。ですが、「出会いがない」なんて愚痴ばかりでは、いつになっても交際することは無理でしょう。

もし恋愛がうまくいったかどうかで、あなたの人生がぶれてしまったり、恋愛が終わるたびに大きな痛手を引きずっているようでは、ちょっとずつ恋愛を遠ざけてしまう人になっていきます。
「怪しげな出会い系がきっかけで恋人に巡り合うのはヘン!」と、思い込んでいる人は、かなりいると思います。だけどそれによって思っていた通りのパートナーを探し当てることができるかもしれないのです。
過去の恋人の男性に今、本気の恋愛相談をしちゃいけません。女性はあっさり切り替えできますが、反対に男性というのは心の整理や切り替えが遅いもの。あなたとの日々を思い出して、涙を見せる男の人も珍しくないのです。

当人の体験が根拠となっている正しい情報でもある、口コミまたはレビューをリサーチしてからスタートする。このやり方が最も成功する出会い系サイトの選び方です。

過去に異性との出会いとして気付けなかったものもあるのでは?「出会いがない」と文句を言う暇があったら、取り敢えずあなたに近い出会いを見つめ直してみるのも一つの方法です。


自分を知れば、すべてが見える

いろんなものをみたり、聞いたり、経験したり、行動したりしてきた。
そんな経験をしてきたけど、経験とは、結局自分自身で行ってきたことが残っているように思う。

それが、しんどかったことであれ、楽しかったことであれ、苦しかったことであっても、自分が行ってきたことが残っている。そんな気がしている。それが、ただ見ただけのモノ。たとえば、テレビ、映画、ドラマなんかは、あまり残っていない。なんというか鮮明ではない。いまでは、なんとつまらないものか、と感じる。

でも、小さい頃、畑で野球をしたとか、小学生の頃朝早く起きて3時頃から山へカブトムシを取りに行ったとか、中学生のころ、海で泳いでいてどこまで遠くに行けるかなんて考えて海でおぼれかけただとか、そんなことは、むちゃくちゃしっかり覚えている。

ほんとうに、ろくでもないことばかりしてきたんだと思うが、そんなことしかやってきていなかったりする。
でも、事実なのだ。そんな程度だった。いまでもあまり変わりない。

結局、そんなことが生きることであって、なにも、何か偉大なことをしたとか、すごく人の役に立つことを残したとか、、、そんな事ではないんだろうなあ・・・・そんなたかだか1庶民が、ただ生きるのに必死に過ごすぐらいが精一杯だったのだ。

そして、庶民がそんなことしかできなくしているのが、この世の制度であったりする。誰も知らないけど・・・。やっと理解し始めたところなのかも知れない。事実を。自分を。

自分を知れば、すべてが見える。
自分がわからないまま生きていた。知らなかった。なにもかも・・・。
生かされてきたんだろう・・・。しょうがないね、じぶんを含めた、周りの環境がすべてそうなのだから、その環境が真実と思ってしまうのが人間なんだもの・・・。

だから、周りの環境を断ち切れば、見えるのだ。
断ち切らなければ決して見ることはできない。
しかし、ほとんどの人間はそなことをしない。できない。恐いからしないできない。だから、見える事もない。死ぬまで・・・・。

思い込み

思い込み。思い込みだらけの毎日。というか、そんな思い込みに縛られていた。縛られていたと気づくのに、3年。解き放つのに、3年、そこから脱した自分を理解するのに3年、まったく新しい、いつも常にフレッシュな自分でいられるようになって3年。やっとココまで来た。

ここまでくるとは思っていなかった。ここにあるとも思ったいなかった。理解の先にあるものだったから。理解していない所では、みることはできないようになっている。それはすべての物事に当てはまる。
なにを言っているのか理解できないとは、そうゆうことである。言っている人の意味が理解出来なければ、自分はきいていないのと同じ事なのだ。つまり、自分がそこまで言っていなければ、聞いても同じ。聞かなくても同じ。聞く時間がムダなのである。

ということは、つねに、自分を鍛えることこそ重要である。自分がその理解がデキル人物になっていることがカギ。なっていないと、わからないのだから・・・。

はてさて、理解しているひとがどれだけいるだろうか・・・。
わからない人には、一生かかってもわからない。そんな人物も生きている。空気を吸っている。食べ物食べている。なにも、考えることなく、ただ、言われるがままに。そして、そうゆう人はただ言われるがママに過ごしているなんてこれぽっちも思ってやしない。理解していない自分では、決して理解の先には行けないのである。

そんなことを考えつつ、というか、そうゆうことが理解出来るようになってからというもの、つねに、物事が楽しくなってきた。その人、その起こっている現象、その前の物質の意味、が手に取るようにわかる。そして、こんなことをほとんどの大多数の人間にはわからない。特に日本人は阿呆に教育されてきたから、わかる人間は皆無に等しい。トップの人間だけぐらいだろう。、そうゆう教育を受けてきたから。。。。

その点ヨーロッパの庶民はそれなりに、理解するのだろうけど・・・・